fc2ブログ

【甲府事件】日本で発生した異星人遭遇事件

UFO関連の事件、アメリカ大陸やヨーロッパなどで発生しているイメージが強いですよね。

日本ではどうでしょう、あまりイメージがないです。

そんな日本で起こった、珍しい事例の「甲府事件」。

1975年に起こったこの甲府事件を、今回は見ていきたいと思います。



■発見者は2人の小学生


1975年2月23日の夕方、ローラースケートで遊んでいた当時小学2年生の男子児童2人が、少し離れた東の方の山上空にオレンジ色の光が点滅しているのを発見。

そのオレンジ色の光は2人を見つけたのか、2人の10メートルほど上空へやってきました。

見上げると直径3メートルほどの円形、着陸装置のようなものが3箇所についていたそうです。

その飛行物体は、2人の上空で停滞し、底面(3箇所の着陸装置の中心あたり)から「望遠レンズ」のような形状のものを「カシャカシャ」といった"カメラのシャッターを切るような音"とともに出してきたそうです。

恐怖を感じた2人は、近くのお寺の中の墓地へ逃げ込みました。

墓地の上空にまで飛行物体がやってきたそうですが、その後なにも起こらず居なくなったため、2人は家へ向かうことに。

しかし、家に向かう途中のぶどう畑で再びオレンジ色に光る物体があるのを発見。

この時は2人とも興奮しており、近づいてみることに。

2人はその距離1~2メートルまで近づき、観察を始めました。

この時の2人の証言によると、機体の特徴は以下のようです。

機体の特徴


kouhu_jiken.jpg
  • 直径3メートルで乗用車程度、高さ1.5メートル程度
  • アダムスキー型を思わせる円盤型
  • 四角い窓が機体を一周し、半透明で青く輝いていた
  • 期待の表面はステンレス風の銀色
  • 見たことのない5つの文字が横書きされていた

そして、1人の児童が観察していると、「ガチャガチャ」という音とともに機体のドア部分が開き、そのドアの裏側が階段になったそう。

その階段から、内部にいた異星人のような搭乗者が、足音を立てずに前かがみで出てきたと言います。

そのときに機体内部を覗くと、もうひとり同じ異星人のような搭乗者がいたそうです。

異星人のような搭乗者の特徴


  • 体長120cm~130cm程度
  • 髪の毛は無く茶色い顔
  • 仮面をかぶっているように見えた
  • 3本の銀色の牙が生えていた
  • 目は確認できず、顔全体に深い横ジワ
  • 尖った耳をしており、真ん中に穴
  • 手には茶色の手袋、指は4本
  • 足には長靴のような足袋型、2股にわかれていた
  • 銀色の服に大きなベルト
  • ラッパのような形状の銃のようなものを肩からかけていた


2人の児童のうち1人が、背後に回っていた搭乗者に肩を叩かれ、そのとき「キュルキュル」といった"テープの早送りのような音"が聞こえたそうです。

1人の児童は恐怖のあまり腰を抜かしてしまい、もう1人の児童におぶってもらい、走って家へ帰ったそうです。

家に帰るやいなや、ぶどう畑で体験したことを家族らに報告。

「円盤だ」「UFOだ」「宇宙人みたいなのがいる」など、必死に説明したそうです。

最初は信じていなかった親たちも、あまりに真剣な我が子の訴えに、再び一緒に現場へ行ってみることにしました。

2人の児童の家族も機体を見た


みんなでぶどう畑へ向かった際、ぶどう畑の50メートル手前ぐらいから眺めると、オレンジ色の光が点滅しているのを発見しました。

その点滅が2~3分続き、最後に強い光を放ち、その機体はスーっと消えてしまったそうです。

そして、居合わせた少年(児童の兄)が、機体が消える瞬間に搭乗者がスーっと横の方へ(横になって?)移動したのが見えたと言います。

居合わせた男性(児童の父)は長い棒を持ち、そのぶどう畑の方へ近づいていきました。

さらに近づいてみると、ぶどう畑の柱が一部折れており、1つの足跡のようなものがあったそうです。

■保険会社の女性も見た


先ほどの話とほぼ同時刻に、保険の集金に向かうため、車を運転していた女性。

その女性の運転する前方に、「子供かな?」と思うような大きさの人型の2人を発見。

遠くから見て、顔が真っ黒だったそうです。

少し離れている場所から車のクラクションを鳴らすも、動く様子がありません。

さらに近づき再度クラクションを鳴らすも、その場を退かなかったそうです。

退くどころか、女性の乗っている車のフロントガラスに手をついてきたそうで、その手は真っ黒で人間の掌のように生命線などの線はなく、真っ直ぐに手首側に集まるように線が入っていたそうです。

また、その手首は亀の首のようなシワの寄った形状をしていたそうです。

児童たちとの証言と違う点は、顔の部分には目があり鼻もあったそうで、2人とも同じ顔をしていたそうです。

当時集金に急いでいた女性は、最徐行にてその人型のものを避け、集金先へと向かったそうです。

その道中、前方から走ってくる男女と遭遇。

彼らに手を広げられ、車を止められたそうです。

その走ってきた男女というのが、先ほどの話で登場した"棒を持った男性(児童の父)"らでした。

彼らに「UFOを見ませんでしたか!?」と言われ、UFOを見たわけではない女性は、「見ていない」と答え先を急いだそうです。

■現地調査


この事件が発生した翌日、ある新聞社の報道にて事件を知った高校教師がいました。

放射能の専門技師であった彼は、謎の飛行物体が着陸したとされるぶどう畑の土を調査したそうです。

1日おいての調査のため、正確なことは分からないとしながらも、通常の値よりも高い放射能を検知したとのことでした。

■事件から7年後のテレビ番組映像


Youtubeに、当時のお話しが聞ける貴重なテレビ番組映像がありました。

HEIKE Mayumi さんというユーザさんの動画です。

共有させていただきます。

1982年のテレビ番組ということですね!

今回お話した2人の児童も高校生になって番組に出演しています。






■説子の見解


とても不思議なお話しですね。

一体彼らは何をしにぶどう畑へ来たのでしょうね。

さて、このお話しに出てきた「保険会社の女性」ですが、じつは7年間この体験を公にしていなかったようなんです。

で、たまたま旅行先でこのときの話になり、これは公開すべき話ではないかと思い、1982年になって公開に至ったとか。

彼女の証言、少年たちとの証言と異なっていましたよね。

目があり、手首は亀の首のようなシワ…

上の動画でも言っていましたが、彼女の証言は「E.T」そっくりです。

この「E.T」の公開された年が1982年で、彼女が証言しようとした年と重なりますね…

…まさか、彼女はスティーブン・スピルバーグ監督が送り込んだ、表の顔は保険会社職員、素顔はスティーブンの部下!

…まあそんなことはないでしょうけどね(^^;

ちなみに余談ですが、ぶどう畑を所有していた方にも当然、テレビ・新聞・雑誌の取材が何度も来ていたそうなんですが、一切報道されることがなかったそうです。

何か誰かにとって不都合な発言をしてしまったのか、それとも滑舌が悪かったのか…真相は闇の中ですね。

さて、最近説子はですね、UFOについては「地底人の地表調査」的なものなんじゃないか、なんて思うわけですね。

地底人の目撃情報も、割と小柄であることが多いんです。

それに、未来人さんもUFOは地球製が多いって言っていたので、宇宙からというよりはすでに地球に高度な知的生命体がいるほうが、最近の説子のロマン、オカルティック度は高いんですよね。

地底人も、きっとワインを飲んでみたかったんでしょうね!


ではまたーヽ(´▽`)/





※このお話しはあくまで都市伝説、エンターテインメントとしてお楽しみください

スポンサーサイト



タグ :     

カテゴリ:事件  コメント:2

プロフィール

都市伝 説子

Author:都市伝 説子
火のないところに煙はたたぬ…
信じるモノは何とやら…
この世の真実を知的好奇心の赴くままに探求中。
よろしければブログランキング応援ポチッとお願いしますヽ(´▽`)/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ